炭水化物抜きダイエットって危険なの?リバウンドの噂をチェック

更新日:

炭水化物抜きダイエットって危険なの?リバウンドの噂をチェック

炭水化物抜きダイエットは、即効性も効果も現れやすい人気のダイエット法です。

そこで取り入れている人も多いはず!

女性なら魅力を感じないはずがありません。

しかし!そんな魅力的なダイエット法には、危険が潜んでいるという事実も知っておきましょう。

そこで今回は、炭水化物抜きダイエットは危険なのかどうか?それに伴う巷に溢れるリバウンドの噂についてご紹介していきます。

 

炭水化物を抜くと「リバウンド」しやすい理由とは?

炭水化物抜きダイエットって危険なの?リバウンドの噂をチェック

危険性と少し話がそれているかのように思えますが、炭水化物ダイエットに付き物といってもいい「リバウンド」の怖さ。

炭水化物抜きダイエットは効果を実感してしまうと、少しの量でも体重が戻りやすくなります。

それが怖くてなかなか、健康的な食事に戻すことができなくなるのも結局、危険の一つです。

スポンサーリンク

でも、どうして炭水化物を抜くとリバウンドを起こしやすいのでしょう。

炭水化物を抜くことで、体内の消費活動は体内の余分な脂肪が行うようになります。

つまり体内の余分な脂肪を燃焼してくれるので、大きなダイエット効果が実感できているのです。

しかし、炭水化物を抜いた状態が続くと、今度は筋肉を分解し始め、基礎代謝が落ちていきます。

基礎代謝は人それぞれ、何もしていない状態でどれくらい代謝ができるかの量を示します。

筋力がない人は、基礎代謝は低いですし、筋力が多い人は何もしていない状態でも、体内では代謝活動が活発に行われているのです。

それが筋肉の分解によって基礎代謝が落ちてしまうと、本当に少量の炭水化物の摂取でも消費活動ができず、ただ摂取カロリーが増える体の状態を作っているだけということです。

この状態が怖くて、さらに炭水化物の摂取を躊躇してしまいます。

そしてどんどん筋力は低下していき、代謝を落としていくという悪循環に陥ってしまうのです。

 

日常生活にも支障を与える炭水化物抜きダイエット

炭水化物抜きダイエットって危険なの?リバウンドの噂をチェック

そして日常生活にも支障をもたらします。

炭水化物が三大栄養素の一つであることはご存知ですよね?

それは毎日の生活に必要だからこそ必要な栄養素としてしっかり摂取しましょう!

と言われているのですが、炭水化物の持つ働きは脂肪の燃焼以外にもあります。

炭水化物は脳の唯一の栄養素、ブドウ糖の大切な補給源。

脳にしっかり栄養が行き渡らないと、少しのことでストレスを感じたり、イライラ状態が続きやすくなります。

スポンサーリンク

仕事の効率が下がったり、脳の神経の一つ、満腹中枢神経の反応も悪くなります。

本当に空腹を感じているのか?

偽の空腹なのか分からなくなりドカ食いの原因にもなるのです。

 

炭水化物を抜くなら、朝食ではなく夕食がオススメ

炭水化物抜きダイエットって危険なの?リバウンドの噂をチェック

では、このような悪循環に陥らず、しっかりダイエット効果を実感するためには?

最後に炭水化物抜きダイエットの、理想の方法を紹介しておきます。

炭水化物は確かに過剰な摂取で、肥満の原因になります。

適度な摂取で健康的にダイエット効果が実感できるのです。

そこで炭水化物抜きダイエットは、脂肪になりやすい夕食のみ行うのが効果的です。

夜はあとは眠るだけ、そんな時間帯に炭水化物を摂取すると、体内に脂肪を蓄積していくだけです。

効率よく、でもしっかり炭水化物抜きダイエット効果を実感したいなら、一食集中がオススメです。

 

炭水化物抜きダイエットはリバウンドに注意しよう!

炭水化物抜きダイエットって危険なの?リバウンドの噂をチェック

炭水化物抜きダイエットは人気のダイエット法です。

そのため様々な情報があふれます。

中には独自の方法を取り入れている方もいるでしょう。

しかし炭水化物の摂取量を極端に減らすことで、体内は危険な状態に陥ってしまうこともあるのです。

ダイエッターにとって「リバウンド」ほど怖いものはありません。

そのリバウンドの恐怖に惑わされ、健康そのものを失うこともあるのです。

毎日、健康的に過ごせて、理想の体型を手に入れて初めて、ダイエット成功だということを忘れないようにしましょう。

引き続き、「1週間で5キロ痩せるダイエット方法」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-ダイエット方法

Copyright© 1週間でマイナス5キロ!ダイエットで成功する方法をご紹介 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.